鍵の修理、交換、開錠などは全て専門業者へ

修理、交換など、あらゆる鍵トラブルに対応しています。

進化するカギ

鍵の修理を頼んでる人

日頃生活している中で、鍵を失くしてしまったという経験を体験したことがある人もいるでしょう。
そのようなとき、家に入れなくて困ることに加え、何らかの犯罪に巻き込まれてしまわないかと不安になったりします。
しかし、科学技術の目覚ましい発展を遂げた現代社会では、今、時代に合わせた「新しい鍵」というものが誕生しています。
現在使われているようなものではなく、スマートフォンやICタグを利用したタイプのものが多く存在しています。
ここでは、そのような現代の新しい鍵をいくつか紹介していきます。

●NFC(近距離無線通信技術)を利用したカギ
このカギは、NFCを利用して、携帯端末などを自宅のドアなどにかざすことにより、ロックを解除することができます。
●ICタグを利用したカギ
ICタグを利用したカギといえば、カードキーなどを思い浮かべる人が多いでしょう。
しかし、デュアルタグ仕様して、タグを指輪などに仕込んだ造りの鍵もあります。
●スマートフォンを利用したカギ
スマートフォンの専用アプリケーションを使って、ドアのロック操作ができるものも開発されました。
この操作は遠隔から行うことも可能で、カギをいちいちカバンの中から探すという面倒な手間も省けて便利です。

上記のように、現代には様々なタイプの鍵が存在します。
これからその進化は続き、いつか現在のようなタイプのものが無くなり、鍵の交換や修理などの必要のない時代が来るかもしれません。

様々な鍵トラブル

修理するキー

一人暮らしをすると気になるのが「ストーカー」「泥棒」などのトラブルです。
「オートロックだから大丈夫」などと安心して油断している方が多く、その油断が様々な事件に繋がるのです。
確かにオートロックは便利ですが、実際には危険な箇所がたくさんあります。
玄関の側で待ち伏せしていて、ドアが閉まる前に自宅に入り込むといった事件も過去に実際に起こりました。

この他にも、合鍵が原因で起こったトラブルなどもあります。
そのトラブルの中には、夜中に人の気配を感じて目を覚ましたとき、側に別れたはずの元カレが立っていたという事件などがあります。
また、元カレの他にも見知らぬ人が勝手に部屋に入っていたトラブルなどもあります。
このような事件やトラブルを起こさないようにするために、入居する際や交際を終えたとき、必ず鍵の交換をしてください。

また、ドアスコープから部屋を覗かれたという被害も多発しています。
ドアスコープというのは、ドアの中心部分にある、いわゆる「覗き穴」とよばれるものです。
このドアスコープは、外側からでも部屋の隅々まで見ることができます。
この被害を失くすために、カバー付きのドアスコープの造りになっているマンションなども増えてきています。

上記のような事件・トラブルはすべて自分自身がきちんと注意・意識していれば未然に防ぐことができるものです。
安全に生活できるよう、日頃から鍵などのマメな修理といった、意識のある生活を心がけましょう。

大切なものを失くさないように

修理に出す鍵

鍵のトラブルとして最も多いのが「鍵の紛失」です。
小さな鍵は、いつの間にか「どこに置いたのかわからなくなってしまった」といった経験を誰もがしたことがあるでしょう。
急いでいるときなどは特に困ります。さらに紛失した場合、必ず以前の状態で戻ってくる保証はありません。鍵の紛失には、交換や修理など、面倒なことがついてきます。
そんなとき、鍵を始め、あらゆる「大切なもの」の居場所を教えてくれる画期的な商品が開発されました。
それが「ステッカー・ファインド(Stick-N-Find)」です。

●ステッカー・ファインドとは
その名の通り、ステッカーを使った商品で、使用方法は、大切なものにそのステッカーを貼るだけです。
ステッカーのサイズはおよそ500円玉ほどの大きさで、スマートフォンを利用して使用します。
その設定は、アプリを起動した後、ステッカーを軽く4回タップするだけの簡単操作で、到着後すぐに使用することができます。
大切なものを失くしてしまったとき、このアプリを起動すると、失くしたものまでの距離をレーダーで教えてくれます。
これなら、失くしたものをすぐ見つけられて、急な場合などにとても便利です。

現代において、どのような場所においても「絶対に安全」と言い切れることはありません。
危険な事故・トラブルに巻き込まれないよう、安全に生活するためには、このような対策と、自身の意識が重要となってくるのです。